浜松のバラ

「らこむ」のある浜松市は、浜名湖周辺の温暖な気候のせいか、花きの栽培が盛んです。

この季節になると、我が家の食卓テーブルはバラが飾られることが増えます。

だって、地元のファーマーズマーケットで、このバラ全部で1000円程度。

薫風の中、飾りたくなっちゃうでしょ~~

 

 

もちろん、安いのには訳がある。

ちょっとだけ、花の先が痛んでいたり、茎が曲がっていたり・・・

そのうえ、花屋さんで売っているように「トゲ」をとってありません。

「いてて・・・」と言いながら活けます。

 

でもね、バラはバラ。

 

色も香りも、花弁の重なりも・・・ほんと、芸術です。

 

バラに限らず、どの花もそうだけど、見るといつもしみじみ、神の天才ぶりを感じます。

 

 

 

 

 

この、傷や曲がりも、天才の計算された技なんでしょうね。

 

そう思うと、個性の違うひとりひとりも「天才の計算された技の結果」。

 

年相応にあちこち痛くなってくる身体も「計算された天才の技」。

 

痩せれば改善するよ!と突っ込みが聞こえてきそうですが。

 

2019年05月26日