9月「とり」メニュー

9月8日、台風15号の接近が心配される中、らこむ開催。

最近は、ポスティングもしないのに、固定客がお越しくださって、開店と当時に入店。満席。というありがたい状況です。

厨房もだいぶ慣れてきて、「ほいよ」と元気にオーダーを受けていますが、久しぶりに今月はやりかしてしまいました。

フロントスタッフが、伝票の取り方を変えたため、手間取り、オーダーが厨房まで通っていないケースが発生。

待てど暮らせど料理が出てこないあの悪夢を再び再現してしまいました。

心優しいお客様は、「いいですよ」と笑顔でおっしゃってくださいましたが、連れの方はとっくに食べ終わっているのに・・・

 

 

慌てて作るものの、そこが手作りの悲しさ。オーダーが入ってから調理。時間がかかる。

 

特に今回の「ハーブバターチキン」は、ハーブバターとチーズがとろ~りと溶け出てくる鶏もも肉のフライ。俵型のおいしいチキンではありますが、大型なので火の通りに時間がかかる。

しかも、チーズが溶け出さないように、中に串を刺して火の通りを確認できない。

 

まさに、勘で調理。

 

慌てて作ってお出ししたら、あら、中まで火が通っていない。げー、作り直し。

ってことで、お代はいただけません!

 

作り直した一人のお客様はフロントスタッフの友達。「こんなにばたばたしているんじゃ、もう一回ほかの店で修業しなおしだね」と厳しいお言葉。

 

ちょっと成長してきたと思っていたのですが、まだまだ、先は遠い。

がんばります。

 

ってことで、お客様も忍耐で、またお立ち寄りください。

 

ここにくると、おいしい手作り料理が500円で召し上がっていただけるのみではなく、寛容さと忍耐が身に付きます・・・失礼しました。

2019年09月09日